カバーオールとは

カバーオール

カントリーに暮らすアメリカのブルーワーカーならば、誰でも一着は所有しているはずの、 ごく一般的な衣料であるカバーオール。

まず、『カバーオール』とは日本だけの名称であることを知っていただきたい。
アメリカでは「つなぎ」の意味であり、本国ではレイルロードジャケットやエンジニアジャケット とも呼ばれている。起源は鉄道員のユニホームであり、ブルーワーカーの作業着として広く認識され ていたからです。戦前の時代では、まだカジュアルウェアというカテゴリーがなかった背景もあってか、 都市部以外では日常着としての役割もカバーオールが担っていたようです。 作業着はもちろん、スーツやジャケットの上着として、あるいはカジュアルな普段着として幅広くオー ルマイティーに活躍していた服なのです。

『すべてをカバーしてくれる』という包容力のある役割は、私の目指すスタイル、方向と一致している そんな想いからショップの屋号としました。

ABOUTへ戻る